私、パタンナーです。

「元」パタンナーの目線から服のことを書いています。

アパレルについて

パタンナーを成長させてくれる工場さんのこと。

私がパタンナーになりたてのひよっこのころ、国内の縫製工場と取引がたくさんありました。国内のほうが多いくらいでした。 それからだんだんと中国の工場さんにシフトしていく形で、国内の工場さんとの取引が減り、悲しいことに工場自体潰れてしまったところ…

パターンにみんな興味あるのかな?

私は最近まで服の仕事をしていたし、今もこんなブログを書いていますが、服なんてあんまり買ってなくて子どものこととか言い訳にお店に見にすら行かなくなって、でもえらそうにいろいろ書いてて読んでくださっている方々に本当に申し訳ないです。 でも最近思…

パタンナーが手を抜かないようにデザイナーさんはっきり言ってください。

たびたび書いていますが、パタンナーにもいろいろな人がいます。 もちろんたいがいはとても一生懸命にやれることをやっている方ばかりです。私の周りにいた、一緒に仕事をしてきた人たちは尊敬できる方々がたくさんいます。 でも、中には自分がやりたくない…

車の試乗で思ったこと。ちょっとうらやましいと思ってしまった話。

車の試乗に行ってきました。数日あけて2回。同じ車に。 ちなみに私は免許を持ってないので、車を運転することはできません。したがって、興味もほとんどないし、車については全く知識がありませんが、夫につきあって、助手席に乗せてもらいました。 その時に…

パタンナーの危機、かもしれない。

私がパタンナーになったのはもう20年以上前の話です。新卒で入った会社はそこそこの規模でパタンナーの人数もそれなりにいて、CADが企画室の端にずらっと並んで置いてあり、ものすごく存在感があったのをおぼえています。 そこから数社渡り歩きましたが、手…

商品の問題やクレームをなくすことはできないけどできるだけ少なくしたいと思う。

商品に対する問題やクレームというのは、パタンナーにとって気になるところだと思います。 気になりますよね?え、気にならない?? 実は以前いた会社でクレームがパタンナーにほとんどフィードバックされなくて、本当に呆れていました。もちろんそれで平気…

デザイナーとパタンナーの関係。個性豊かなデザイナーの方々。

今回は私が出会ってきた個性豊かなデザイナーの方々、そしてデザイナーとパタンナーのかかわり方について書いてみたいと思います。 自分が作りたいものを形にするために絵を描いたり、素材や色を決めたりするのは、デザイナーの仕事のひとつです。 そして、…

パタンナー職の、新卒での就活の話。20年も前ですが…。

新卒で就職活動をしたのはもう20年以上前の話。今の就活がどんなものかはわかりませんし、皆さんのお役に立つのかどうかはわかりませんが、どんなふうに活動したのかを書いてみようと思います。 私は服飾の専門学校(3年)を卒業しています。就職活動は夏少し…

取引先の担当の方がたに言われた、印象的な言葉。

私は今までパタンナーしかしたことがありません。アルバイトではちょこちょこしていましたが。 ですので、仕事で関わりのある方はほとんど糸へんに関係する方ばかりです。 とくに工場の担当の方とパタンナーは、密にコミュニケーションを取らなければならな…

パタンナーとは?仕事内容をリアルに書いてみます。

パタンナーの仕事内容をすこし掘り下げて書いてみたいと思います。 業務の割り振りは会社によりかなり違うので、すべてこの通りではありません。 まずは流れから。 ファーストサンプルのパターン作製、サンプル縫製仕様書作製、工場へサンプル依頼 上がって…

求められるものが違うのは商品の価格が違うから。

私が新卒で入った会社で関わったブランドでは、ミセスの、そこそこ値段のする服を作っていました。 2社め、3社めもそう。 関西はとくにミセス向けの商品を作る会社が多い(多かった)ようですし、自分の強みでもあったので、似たようなターゲット、価格帯の商…

縫製工場などの現場を見ることができるのはとてもラッキーなこと。

私が新卒で入った会社は、そこそこ値段の高い洋服を作っている会社でした。 日本国内の工場とも取引があって、工場見学させていただいたことが何度かありますし、新入社員の研修として1週間お手伝いさせていただいたこともありました(邪魔していただけかもし…

「仕事」というものについて。

私はパタンナー(洋服の型紙を作る仕事をする人)です。 私は昔から服やなにかこまごまとしたものを作るのが好きでした。 装苑なんかに載っていた囲み製図を使って作ったり、アレンジしたりしていました。 学生の頃は、自分の部屋に閉じこもって、ひたすら服を…

新卒でデザイナーやパタンナーになっても続けていくほうが難しい。

パタンナーになりたい方の近道は、ファッション系の専門学校に行き、新卒でその職に就くことだと思います。 私は大阪に住んでいて、20年ほど前ですが学校もいくつかあって、選ぶことができました。 でもその学校ももうありません。 その方法以外私は知りませ…

服の値段を安くする方法。でも本当に安いものがいいの?

昨日は服の値段が高くなる理由を書きましたが、今日は安くする方法をパタンナーの観点から書いてみたいと思います。 安くする方法としては、いろいろとあります。 生地、付属が安い 原産国 工場の閑散期に生産 安くしろーと圧力をかける そして安くしろーと…

私って、パタンナー?

私はパタンナーです。 パタンナーという職業をご存じのかたは、どのくらいいらっしゃるのでしょうか。 仕事は何をしているのか聞かれるたびに、パタンナーと答えますが、ほとんどの人がご存じありません。 自己紹介がてら、パタンナーという職業について少し…