私、パタンナーです。

「元」パタンナーの目線から服のことを書いています。

見た目同じ丈でも長さが違うってどういうことだろう

パターンって、切替やダーツを入れて体に沿わせるということをします。 昨今大きなシルエットが多いので、体に沿わせてある服は少ないかもしれませんが、体の線が出るような立体的な服であればあるほど、ダーツ分量が増え、縫う距離も長くなります。 脇体か…

生地の裁断方向について。分かっててやるのと分からずにやるのは大違いです。

パタンナーの仕事のひとつに、「生地の裁断の方向と方法を指示する」というものがあります。 サンプル、本生産の仕様書を作る際の仕事のひとつですが、商品の上がり(見た目)に大きく影響を与えるので、とても大事な部分です。ものによりそれだけでかなりの…

トワルを組んでパターンを作るのがすべて立体裁断というわけではないと思うのだけれど。

久しぶりにトワルを組んでみました。 自宅にボディがなく、子どもがいるのでシルクピンを使わず、ミシンで粗く縫って着用し、修正しました。ひとりで着て修正るのはとてもたいへん。何度も着たり脱いだり、縫ったりほどいたりしました。 それで思ったことが…

アームホールと袖の運動量について。パターンは1度引いたら完成ではありません。

アームホールの大きさと袖の運動量には、密接な関係があります。もちろん袖山の高さや袖幅なんかも大きくかかわりますが、アームホール自体の大きさが、腕を上げる動きを妨げたりするのです。 袖の運動量についてや、アームホールと袖との関係については、以…

パンツについてあれこれ。そしてユニクロのカーブパンツってどうなんだろう。

今回はパンツについて書いてみたいと思います。 みなさんご存知のように、パンツは左右の脚を1本ずつ入れるところがあり、さらに前後のパーツに分かれています。大きくは4つ+ベルトのパーツでできています。 2本の脚の部分が股ぐりの部分でくっつき、1つの胴…

パタンナーを成長させてくれる工場さんのこと。

私がパタンナーになりたてのひよっこのころ、国内の縫製工場と取引がたくさんありました。国内のほうが多いくらいでした。 それからだんだんと中国の工場さんにシフトしていく形で、国内の工場さんとの取引が減り、悲しいことに工場自体潰れてしまったところ…

アームホールと袖山について。のつづき。

先日、アームホールと袖について書きました。 なんだか自分の中で中途半端だったので、もう少しアームホールと袖について書きます。 前回アームホールと袖の寸法をわざと合わせていないという内容でしたが、前回の考え方は基本的にアームホールと袖の寸法が…